昭和28年7月3日東京日赤病院で産声をあげる。
まるまる太ったミルクを良く飲む健康な赤ん坊だったそうだ。(本人記憶なし)。
泣き声が「ムギーッムギーッ」と聞こえたことから、むぎと言うあだ名がつく。
むぎ2才のとき保育園にスカートを履いて行き先生に「可愛いわねー」と言われ
上機嫌で帰る。( 本人記憶有り・・・恥 )

4才の時からヴァイオリンをN響のヴィオラ奏者、藤原経秋氏に師事。
遊んでいるのを連れ戻されながら、母の根気のおかげで小学一年まで続くが、
小一の時、両手に21針も縫う大怪我をした為レッスンを断念。(本人は喜んでやめた記憶が・・・。) 怪我が治ってみるとまた、音楽への興味復活、 従妹が弾いているバイエル73番を聴いて自己流でピアノを弾き始める。

10才の時から指揮者、渡辺春海氏に師事。
昭和47年 東京音楽大学ピアノ科入学。
ピアノを志村安英氏に師事し、副科で声楽を習う。
高校時代の恩師の紹介で、河瀬柳史氏に声楽を個人レッスンを受ける。

大学2年の時、 ステファノオペラ、「 道化師 」 と 「 カヴァレリア・ルスティカーナ」の合唱のトラとして出演する。
その時、オペラの世界を知り、 一緒に出演した4年生の先輩に、声楽を勉強することを勧められたこともあって 声楽科に転科を決意する。2年後期と3年前期の、2つの試験を経て、声楽科に転科。  同時期にオペラ科の試験も受け、オペラ科 中沢桂クラスに入る。 声楽を佐伯雅巳氏、また伴奏法を三宅民規氏に師事する。
声楽科オペラコース修了。イタリア、ミラノ音学院に学ぶ。 フランチェスコ・アルバネーゼ、マリオ・マッティオッティ、ロゼッタ・エーリの各氏に師事。 在学中、ペルゴレージ「奥様女中」のウベルト役でデビュー。

昭和53年  日本オペラ協会準会員として日本舞踊、日本歌曲のレッスンを受ける。
昭和54年 藤沢市民オペラ「竜恋譜」(三枝成章作曲)出演。
昭和55年 日本オペラ協会「唐人お吉」(高木東六作曲)出演。
昭和56年 二期会研究生として演技、ダンス等のレッスンを受ける。
「清姫物語」(丸目狂之介構成)をテレビ放映。 その後モーツァルト「フィガロの結婚」の フィガロ、「魔笛」の ザラストロ、「コシファントゥッテ」の グリエルモ、「ラ・ボエーム」の コリーネ、「トスカ」、「ルチア」、「こうもり」、「メリーウィドー」、「楊貴妃」等多くのオペラ出演。 また、ベートーベン「第九」モーツァルト「レクイエム」等のソロでも活躍。 シューベルト「冬の旅」全曲コンサートも行なっている。


泰楽堂にて

CD、「横浜メルヘン」、レコード「唐人お吉」出版。 平成5年より 竹早教員養成所で音楽表現の講師を勤める。 平成8年 東京音楽大学に研究員として勤める。
ミュージカル 「ビッグリバー」(真田広之主演) 「ピーターパン」(新宿コマ劇場宝田明出演)「ホフマン物語」(草刈雅夫主演) 「バイオグラフガール」(春風ひとみ主演) 「ドンジョヴァンニ」(沢田研二主演) 「マイフェアレディ」、 「奇跡の人」、「オズの魔法使い」にも出演して好評を博す。 現在、二期会会員。大杉芸術学院音楽講師。
和光市アゼリア・コーラスアカデミー指揮者。 TOCコーラス指揮者。
レ・ノンネ指揮者。品川音楽文化協会指揮者。


ミュージカル マイフェア・レディー 
終演後の舞台。左・ヒギンズ教授役。