皆様 こんにちは。 林 恵麻と申します。
この度、私もホームページにご一緒させ て頂くこととなりました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
私の声種は 「ソプラノ・リリコ・レッジェーロ」 と申しまして、
『軽やかで叙情的なソプラノ』という意味です。
レパートリーはイタリア・ベル カント時代の作品で、 主に作曲家 : ロッシーニ、
ベッリーニ、 ドニゼッティ等です。
ベル カント(直訳:美しい声)唱法という、この時代に生まれた、明るく、無理の ない、透明感のある声で歌う唱法を常に追求しつつ歌って参りたいと思っておりま す。
これをベースとして、バロックの作品やフランスの作品等にも取り組んで参ります。